> クリニック > 関東 > 東京都 > 梅ヶ丘産婦人科
梅ヶ丘産婦人科

クリニックの紹介

当院の始まりは1958年、地域の産院としてこの地に開業しました。
以来、年間500以上の分娩を取り扱ってきましたが、1998年から二代目である現院長の専門を生かし、不妊クリニックとして生まれかわり、現在までに20,000人を超える方に妊娠していただいています。

住所 〒154-0022 東京都世田谷区梅丘1丁目33-3
TEL 03-3429-6036
HP https://u-m-e.com/

診察時間

曜日
午前
午後
夜間

午前 8:00〜13:00
午後 15:30〜17:00
夜間 17:00〜18:30

▲ 17:00~20:00
★ 男性不妊外来は水曜 19:00~20:30

休診日:土曜午後・日曜・祝日
※受診前には必ずクリニックHPを確認、または直接お問い合わせください。

院長紹介

辰巳 賢一

辰巳 賢一

【職歴】
昭和54年 京都大学医学部卒業
昭和54年~ 京都大学医学部附属病院産婦人科研修医
昭和56年~ 長浜市立病院産婦人科医員→部長
昭和60年 東京大学医科学研究所免疫学研究部客員研究員
昭和61年~ 京都大学病院産婦人科医員→助手、外来副医長、病棟副医長
京都大学病院不妊外来、体外受精チームの中心メンバーとして活躍
平成2年 神戸中央市民病院産婦人科副医長
平成3年~ 梅ヶ丘産婦人科副院長
平成10年~12年 厚生科学審議会先端医療技術評価部会
生殖補助医療技術に関する専門委員
平成16年1月~ 梅ヶ丘産婦人科院長

【資格・所属学会等】
京都大学医学博士
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医

世田谷区産婦人科医会会長
日本生殖補助医療標準化機構(JISART)副理事長
A-Part日本支部理事
日本受精着床学会評議員
日本IVF学会評議員
米国不妊学会会員

診療方針

当院の不妊治療では、「負担の少ない、最小限の治療による、できるだけ自然に近い妊娠」を目指しています。
現在の不妊治療は体外受精を中心に行われていますが、人工授精までの治療で妊娠するケースも多いからです。
とはいえ、体外受精が必要な場合もあります。
そこで当院では、女性の排卵や卵管の状態、子宮内膜症の有無、男性の精子の状態など、一人ひとりの状態をしっかりと見極めた上で、治療段階を適切に高度なものへと上げていく「ステップアップ方式」を取り入れています。
これにより、それぞれのカップルにとって必要最小限の治療で妊娠でき、来院した62%の方に妊娠していただいています。
その内訳は、生殖補助医療が47%、人工授精が20%、一般不妊治療が33%となっています。

クリニックインタビュー

Q.どういう治療が貴院の特徴でしょうか
回答準備中
Q.患者さんに対して気を付けている事があればお聞かせください
回答準備中
Q.院内の雰囲気づくりで気を付けているところは、どの様なところでしょうか
回答準備中
Q.最先端の治療で、期待出来るものはございますか
回答準備中
Q.今後の保険適用に期待する事をお聞かせください
回答準備中

アクセス

小田急線 梅ヶ丘駅